『夜中に犬に起こった奇妙な事件』/選書者:栁下恭平・鴎来堂代表
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

『夜中に犬に起こった奇妙な事件』/選書者:栁下恭平・鴎来堂代表

残り1点

¥902 税込

送料についてはこちら

発行/早川書房 著者/マーク・ハッドン イギリスの児童文学作家、詩人。著書である「夜中に犬に起こった奇妙な事件」は、ウィットブレッド賞、ガーディアン賞、コモンウェルス賞最優秀処女長編賞を受賞した。 本の紹介/ 人とうまくつきあえない少年・クリストファーが主人公。彼は近所の犬が殺されているところに遭遇し、自身が探偵となって犯人を探しながら、それを一冊の本にまとめていきます。 主人公は、コミュニケーションは苦手でも、物理と数学が得意で、記憶力にも長けています。 コミュニケーションが重要といわれる現代社会。しかし、「もしかしたら時代が違えば『人とうまくつきあえない少年』も、何かを発見できる才能を持っているかもしれない。今はたまたま『人とうまくつきあえない』世界かもしれないけど、基本的に無駄なパーソナリティはない」。 そんなことを思わせてくれる一冊です。 レビュー記事/ https://edimart.jp/edimag/ichiran/p2547/ 本を選んだ人/ [名前] 栁下恭平 [肩書] 株式会社鴎来堂代表 書店かもめブックス店主 [プロフィール] 1976年生まれ。さまざまな職種を経験し世界を放浪したのち、出版社に勤務。編集者から校閲者に転身し、28歳の時に校正・校閲を専門とする会社、鴎来堂を立ち上げる。2014年11月、東京神楽坂に『かもめブックス』をオープン。