『11人いる!』/選書者:栁下恭平・鴎来堂代表
60234a466728be45a2d49ab8 60234a466728be45a2d49ab8

『11人いる!』/選書者:栁下恭平・鴎来堂代表

残り1点

¥618 税込

送料についてはこちら

発行/小学館 著者/萩尾望都 漫画家。1969年「ルルとミミ」でデビュー以来、SFやファンタジーなどを取り入れた壮大な作風で名作を生み出す。2012年には少女漫画家として初の紫綬褒章を受章。2019年には文化功労者に選出される。主な著書は「ポーの一族」「11人いる!」「残酷な神が支配する」など。 本の紹介/ 宇宙大学に入学するための最終テストは、“外部との接触を絶たれた宇宙船白号で53日間生きのびること”。1チームは10人のはずが、宇宙船にいるのは11人だった…。 本来なら力を合わせてこの最終試験を乗り切りたい。しかしなぜ11人いる…。そんなもどかしさの中で、疑心暗鬼と仲間意識が絶妙に波打ち物語は進んでいきます。 画期的な背景設定や、緻密なストーリー構成、魅力的なキャラクターなど総合的に高い評価を受けた、古典SFの傑作。これまでにドラマ化、アニメ映画化、舞台化もされています。それぞれが重要な役割を持った、個性豊かなキャラクター一人ひとりにもぜひ注目を。 本を選んだ人/ [名前] 栁下恭平 [肩書] 株式会社鴎来堂代表 書店かもめブックス店主 [プロフィール] 1976年生まれ。さまざまな職種を経験し世界を放浪したのち、出版社に勤務。編集者から校閲者に転身し、28歳の時に校正・校閲を専門とする会社、鴎来堂を立ち上げる。2014年11月、東京神楽坂に『かもめブックス』をオープン。