『おじいちゃんがおばけになったわけ』/選書者:鬼頭英治・CEO、編集者

『おじいちゃんがおばけになったわけ』/選書者:鬼頭英治・CEO、編集者

残り1点

¥1,430 税込

送料についてはこちら

発行/あすなろ書房 作/キム・フォップス・オーカソン デンマークの作家、イラストレーター、脚本家。1982年に漫画を出版した後、1984年に児童文学作家としてもデビュー。児童書だけではなく、映画やドラマの脚本、など幅広く活躍している。 画/エヴァ・エリクソン スウェーデンのイラストレーター兼ライター。国立芸術専門学校でテキスタイルを学び、1977年「青い湖の子供たち」でデビュー。日本でも人気のイラストレーターで、他に『おにいちゃんの歌は、せかいいち!』『くんくん ふんふん』など。 訳/菱木晃子 スウェーデンの児童書を中心に、翻訳、講演、執筆活動を行う。北欧の子どもの本を中心とした翻訳も多数。 本の紹介/ 死んじゃったはずの大好きな「じいじ」が、土にも天使にもならずに、なんと、おばけになってエリックのところへやってきた。いったいどうして?「じいじ」がこの世に忘れてしまったものとは? 心に沁みいるデンマークの傑作絵本は、涙なしで読み進められません。 本を選んだ人/ [名前] 鬼頭英治 [肩書] ディレクター/CEO [プロフィール] 編集プロダクション「エディマート」代表。現在も高難度な仕事を中心にディレクター&ライティング業務を行いながら、基本的に社長業をがんばっています。だからこそ内緒ですが、若い頃はB級、サブカル、アングラものに傾倒。四十路になっても知的好奇心は衰えることなく、今だにカルチャー系、カタログ系や趣味開拓系の本を中心に読み漁りながら、ひらめくと同時に新たなホビーをはじめています。